冬のお知らせ

スタジオエトセトラより新年の御挨拶

2012賀正
ああ、こらこら。それ触っちゃだめだぞ。

大変失礼いたしました。
みなさま、新年あけましておめでとうございます!
猫好きの率が尋常じゃないことで有名なスタジオエトセトラの向山です。

うちのスタジオにどのくらい猫好きが多いかというと、十二干支に猫が入っていないことへの抗議として、公式に十二干支制度をスタジオの年賀状から追放したぐらい好きです。おかげでうちの年賀状は毎年干支が「猫」です。
もちろんほかの動物が嫌いなわけじゃありません。今年の干支の竜なんて、ぼくはけっこう好きな動物で、小学生の頃によく両親と一緒に動物園に見に行っていました。丸まって寝ているところを指で突くのが好きでした。もしかしたらあれはとかげだったかもしれませんが、小さいことは気にしないようにしましょう。新年ですから。

猫は前脚で福を招くとも言います。これはおそらく本当です。たかさんなんてナロが前脚をくいっとやっただけですぐ幸せになります。あまり幸せそうで、周りが引くほどです。うちのスタッフの七割ぐらいが人生のどの時点かで猫を飼っていますが、みんなおかげで幸せです。

小さなことが幸せだと、昨年は思い知りました。

新しい人に出会うこと。
古い友達と再会すること。
新しい友達も、古い友達も元気でいること。
コンビニにいつも好きな「海味鮮」が売っていて、それを自由に買えること。
予定通りに漫画雑誌が書店に並ぶこと。
日常があるということ。
それを一緒に過ごす人がいるということ。

震災後にミネラルウォーターを買いにスーパーに行った時、裏から在庫分を出して来るので待っててほしいと言われ、数人のほかのお客さんと共に待っていました。内心心配でした。もし数本しか水がなかったら喧嘩になるのではないか。そうなる前に、ぼくのように比較的切羽詰まっていない人は遠慮してはずれた方がいいのではないか。そう思って周りを見てみると、ほかの人もみんな同じような顔をしていました。
どうするか迷っているうちに店員が在庫を持ってくると、案の定ペットボトルは五本。そこには八人が待っていました。——一人が、赤ちゃんを連れたお母さんでした。結果的にほかの七人は誰からともなく「まずその子とお母さんに」と言い出して、お母さんは涙を浮かべて頭を下げていました。
八人の中に髪の毛を鮮やかに染めた若い男がいて、彼はお母さんに感謝されると、「いや、おれらコーラ飲めばいいっすから」と笑っていた。

まだまだこの国も捨てたものじゃないと思います。
大不況でいろいろ問題も多いですが、それでもここに住んでいて、毎日楽しいことに巡り会います。
世界中の国に住んだわけではないのでよく分かりませんが、ほかの国もみんな、こんな優しい人たちの多いところであればいいな、と思っています。

今年も色々物語を作っていきます。猫もいっぱい出ます。
みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

スタジオ・エトセトラを代表して、
向山貴彦

 **************

スタジオの年賀状でここにお越しになってくださったみなさま、「ねこうた」はこのページで毎週月水金に大好評配信中です。過去の「ねこうた」をすべて読むには以下のバナーから「ねこうた」の専用ページへどうぞ。

banner_nekouta

ほたるの群れ・次回予告

どてら猫

童話物語 幻の旧バージョン

ほたるの群れ アニメPV絶賛公開中

作者公式サイト

  • RD
  • Change by Gradation

作品公式サイト

  • 童話物語
  • BIG FAT CAT
  • 絶叫仮面
  • 絶叫仮面モバイル
  • ほたるの群れ
  • 五倉山中学日記
  • ねこうた
  • なまけもん
  • ちゅうちゃん