パイポ

春が近づいてきました

1つの巡りが終わり、新たな芽吹きの季節。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
スタジオ・エトセトラのスタッフ、宮山です。

スタジオ創立者であり代表の向山が旅だってから1年近くが経とうとしています。
その濃いキャラクターと、膨大なしゃべりのエンターテイナーぶりは、
様々な逸話と共に語り継がれ、相変わらずその存在感は圧倒的。
今も雲の上からこちらの様子を見守りつつ、お話を紡いでいることでしょう。
スタジオ・エトセトラはこれからも皆さんと共に歩みを続けていきます。

今日は、少しだけ私自身の報告です。
ここ近年、イタリアを中心としたヨーロッパでの発表が多かったのですが年明けは広島での展覧会に参加しました。
作品を見て鑑賞するだけでなく、言葉で語られる場をつくることを目的とした3年間に渡る日伊交流プロジェクト「Cos’è l’arte?-なにがアートなの?-」。
イタリア人美術家5名と日本人美術家6名が、被爆の記念碑でもある
旧日本銀行広島支店、及びGalleryGに作品を展示しました。
写真で展示作品の幾つかをご紹介します。

dove comincia il cielo? -空はどこから始まる?-

dove comincia il cielo? -空はどこから始まる?-

dove comincia il cielo -空の始まるところ-

Gallery G @広島

展覧会の詳細はこちらから

これからも少しずつ、スタジオの動きをレポートできたらと思います。
2019年2月 宮山拝

クリスマスの贈り物

Merry Christmas!!

誰よりもお話を愛する作家・向山貴彦からのクリスマス・プレゼントをお届けします!

「大人の児童文学」と銘打った、そのお話のタイトルは「パイポ」。
2010年に書かれた初稿から、実に八年越しのお披露目となりました。

にぎやかな少年達のお話は、静かな聖夜には、ちょっとふさわしくないかもしれません。
でも、あわてんぼうのサンタクロースがじたばた、どたばた、必死に用意したプレゼントです。

どうぞ一人でも多くの方に、楽しんで頂けると幸いです。

スタジオ・エトセトラ スタッフ一同

片面PDFで読む(スマホなどに推奨)
見開きPDFで読む(パソコン・印刷に推奨)

※お話の続きは、2019年春を予定しております。

クリスマスのごあいさつとおしらせ

すっかりご無沙汰してしまいました。
寒さが厳しくなってきた折、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

春の別れから、十ヶ月近くが経ちました。
あちら側はどうやらのんびりしているようです。
今まで以上に筆が乗っている様子も、うかがえます。

こういったことから察するに、あちら側はきっと、
それほど悪いところではないように思います。

そんなスタジオ代表からみなさまへ、
ご連絡が遅れたお詫びも兼ねて、カードとともに
ささやかなクリスマスプレゼントをお預かりしております。
明日、12月24日のイブの夜に、当サイトにて発表予定です。

締め切りギリギリまで作業をする、
せわしないサンタで申し訳ありません。
いささか中途半端な状態ではありますが、
明日の晩、こっそりやってくる背の高い眼鏡サンタを、
待ってやって頂ければ幸いです。

おはなしとキャラクターを愛するみなさまへ、
百年の幸せを祈って。

2018年12月 猫蔵拝

スタジオスタッフから皆様へ

IMG_0630
(クリックで大きくなります)

スタジオから皆様へ重要なメッセージ

「スタジオを代表して猫蔵から皆様へ」
(クリックで大きくなります)
oshirase-3_small

「病床の向山より」
(クリックで大きくなります)
kitami-2_small

ご心配をおかけしたくなくて、報告が遅くなり、申しわけありませんでした。
先のことを言うと鬼が笑うと言いますので、あえてこの先の向山の執筆活動の具体的な予定は書きません。でも五倉山の少年少女たちは向山が本物の中学生だった時から、ずっと一緒に生きてきた特別なキャラクターたちです。何があっても、向山が永児たちを忘れることはありません。それだけはお約束します。どうか信じて待っていて下さい。

高塚永児 will return.

ほたるの群れ・次回予告

どてら猫

童話物語 幻の旧バージョン

ほたるの群れ アニメPV絶賛公開中

作者公式サイト

  • RD
  • Change by Gradation

作品公式サイト

  • 童話物語
  • BIG FAT CAT
  • 絶叫仮面
  • 絶叫仮面モバイル
  • ほたるの群れ
  • 五倉山中学日記
  • ねこうた
  • なまけもん
  • ちゅうちゃん